これからの登山者の傾向|コロナが落ち着いたらまた山に行こう

2020年から続く新型コロナの影響は大きく、全然登山に行けていないという方も多いかと思います。
登山再開のタイミングはいつ頃が良いのでしょうか。

どのタイミングで山に行ったらいいか不安という方も少なくないと思いますので、記事に起こさせていただきたいと思います。

これからの登山者の傾向

暖かくなったら登山者は増える

3月中旬になると雪山登山をしない登山者が徐々に里山など身近な山に登り始める、そんな季節です。

雪山登山者は変わらず雪山に出かけていますが、雪のないところから少しずつ登山者も増え始めます。

山小屋が再開すると登山者が増える

山小屋が営業している安心感ってありますよね。
食事の心配をせずに行動食と非常食だけ持って山に来ている人もいるかと思います。

山小屋はもしもの時の避難場所でもありますので、山小屋が閉まっている間は登山しないという考えがあっても致し方ないかもしれません。

マスクはしていない

登山中、マスクを着用していると口の周りは汗だらけになります。
そして、息が上がってきて苦しくなります。
マスクを外したいけど、外せないと思っていましたが、外さないとやっていられないと感じてマスクを外すことにしました。
マスクを外した瞬間、空気が本当に美味しかった。

上記体験談からご推察いただけるかと思いますが、
登山中にマスクをしている登山者は数える程といってもいいです。
もちろん、休憩中やトイレに行く際には皆さんマスクを装着されています。

山に行けるタイミング

夫婦で登山

再開する目安

  1. 緊急事態宣言明け
  2. 感染者数が落ち着いたら
  3. ワクチン接種が社会に普及

3点を目安として挙げさせていただきました。
残念ながら明確な答えは存在していません。そのためご自身で判断していただく必要があります。

注意事項

  • 社会情勢などを見極める必要があります。
  • 日頃の行動に気をつけた上で登山に出向く必要があります。
  • 救助要請時にコロナ感染の疑いがある場合、救助関係者・医療関係者へ感染拡大の懸念があります。

注意事項として3点挙げさせていただきました。
しかしながら、他にも注意すべき点はあるかと思います。

皆さんの注意で登山が成り立っています。
素敵な山行ができるように協力しあっていきたいと願います。

この記事を書いた人

編集部員

編集部員

日本一ちっちゃい山メディアの編集部。
日本一でっかい志と態度で山好きに情報と情熱をお届けする私たち。
同じ山好きという共通点を持っているので今日からあなたも私たちの仲間ですね!