雪山登山に誰と行ったらいいのか問題をはっきりさせたい|雪山登山初心者のための雪山登山ガイド

どんな時でも人とお金が人生を左右するものです。
雪山登山道具を揃えるのにいくら使えばいいのか。雪山に誰と一緒に行ったらいいのか。
お金は財布との相談であり日頃の積み重ねですが、誰と行ったらいいかという悩みが解決できない方もいらっしゃいますよね。
誰と雪山登山に行けばいいのかを考えていきましょう。

雪山登山の窓口は狭く選択肢は少ない

ツアーで雪山登山

ツアーに参加して雪山登山という選択肢は大いにありだと思います。登山ツアーは経験を積むのに最適。ただし技術を積むには不十分。寒い中、多くの人がいる中で細かい技術指導を望むことができません。
八ヶ岳など少し難易度の高い山で危険なツアーをしているツアーガイドも見掛けます。難易度の高い山でのツアー利用はお勧めしづらいのが正直なところです。

ツアー登山の選び方はあるのか

ダイレクトメールなどで営業が来たり、ネット検索で見つけたツアーに参加したり、知り合いに誘われてというのが一般的。行きたい山かどうかはもちろんのこと、参加人数、客層、ツアーガイドが誰かで決めるというのがほとんどだと思います。

ツアー登山の懸案事項

寒い思いをすることが多い。これが一番大きいと思います。
大人数を連れていることもあって、すれ違いなどの譲り合いが必要な場面では譲歩せざるをえない状況です。この場合待機の時間が5分前後かかることもあり、寒さを感じることも多いことでしょう。

登山ガイドと行く雪山登山

技術を習得する上では一番最適。ただし技術的な要素、もしもの時の対応術を教えてくれる登山ガイドを探したいところ。
ただお財布にとっては一番遠い存在。それでも安心して技術習得、経験を積むには一番心強い存在。それが登山ガイドであり、雪山登山のエキスパート。

ガイドの探し方

どうやってガイドを探したらいいかというのは結構悩ましい問題。
ガイド協会に問い合わせれば見繕っていただけるのですが、これがまた難しい…

登山ブログなんかで気になるガイドさんを見つけたら、しばらくウォッチ(観察)してどんな山行ったり、どんなお客様(人数なども)をガイドしているのかを見て判断すると良いと思います。


経験者と行く雪山登山

雪山登山を経験したことのある人との登山は安心して行きやすいと思います。
経験者が山岳会や登山ガイドから体型的に教わっていたら、それは安心していいと思います。

経験者と行く不安

慣れから来る失敗や判断ミス、不備などによる遭難など心配な点はあります。
また経験者というだけでどこまでの知識と経験があるのか判断できないところが初心者目線での弱みです。

一緒に行く相手には万全の装備を持っていて欲しかったりしますが、シャベルやゾンデ棒などを携行していないなど、装備をないがしろにしているベテランもいるかもしれません。時間をかけてベテランの装備などを確認しておくようにしましょう。

夏山から経験者とは山を同行しておく

夏山登山から、雪山の装備を揃えるところから経験者の方とは山行を共にしておくことは欠かせません。
調子よく雪山だけご一緒させてくださいなどは自重するようにしましょう。

ソロで雪山登山

一人で雪山に入山するのは極めて危険です。
雪が降り、風が吹くことでトレースや活動した痕跡が消えてしまうと誰も消息をたどることができないという事態に陥ります。これは生死に関わる問題。

ソロで行けるようになるには

装備もさることながら経験と対処法を学んでおくことは欠かせません。
最低でも雪洞泊の経験は積んでおきたいところです。

行かないという選択肢

雪山には行かないという選択肢を持つことも一つです。周りに一緒に行く人がいない、十分なお金を趣味に使えないなどあると思います。

装備を揃えると本当にお金がかかります。
まずはどれくらいかかるのか確認してみましょう。

ソロ登山は諦めて欲しい

ソロで行くくらいなら雪山に行かないという選択肢。
この決断ができるかどうかで人生を大きく左右することになることも考えられます。

登山ツアーに参加したり登山ガイドと共に登ることで経験、技術を習得して行くことができます。十分な技術と経験を積んでからソロ登山を始めることが最適な始め方と推奨しています。

この記事を書いた人

編集部員

編集部員

日本一ちっちゃい山メディアの編集部。
日本一でっかい志と態度で山好きに情報と情熱をお届けする私たち。
同じ山好きという共通点を持っているので今日からあなたも私たちの仲間ですね!