気をつけたい中古品市場での購入

気をつけたい中古品市場での購入

山道具、装備の購入には注意が必要です。

近年、中古市場が拡大していますが、それに伴い登山用品やトレラン用品も多く出品されています。
そこで購入した山道具、本当に使って大丈夫なのでしょうか。

フリマアプリ

使っていないので売ります!が一番怖い

自宅保管していたので綺麗です。

ほとんど未使用です。

使わなくなったので売ります。

こういったコメントがフリマアプリの出品情報には並んでいます。
売値の半額近くだから安い!と思って購入してしまう人も多いかもしれません。

実際には長く使える物もあれば、1、2回使えたら御の字という場合も。
これって得ですか?損ですか?

山の中で壊れる登山靴

登山の途中で登山靴が破損したというケースは非常に多いです。
年間に何十件で済まされない位多いかもしれません。

経年劣化が進んでいて、実際に山の中で歩いてみるとソールが剥がれてきた。
そんな事例をよく目撃します。

登山者が気づいていないだけで劣化は進んでいて、歩く衝撃が引き金になってソールが剥がれます。

忘れてはいけない!経年劣化という心配

山道具ではプラスチック製品や合皮を使った製品も多く経年劣化に気を遣う必要があります。

あまり耳にしない経年劣化という言葉。
時間の経過と共に劣化していくことを指しています。
これらは品質が悪いわけではありません。時間の経過ともに変化していくことが理由です。

水分や湿気を吸い加水分解によって劣化が進む

気温や室温が上がり、熱によって劣化が進む

カビやバクテリアなどの微生物によって劣化が進む

紫外線(UV)によって劣化が進む

自宅で保管しているだけでも劣化は進んでいきます。
アウトドア製品は国外で製造をしている場合も少なくありません。
そうした場合販売までの間だけで半年から1年ほどの時間が経過している物も少なくありません。
実際に購入してから4、5年で経年劣化によって使えなくなる場合があることを忘れてはいけません。

 

「共に時を刻む」愛着湧くアイテムを手にして欲しい

いつ購入して、どれくらい使っていて、どういったメンテナンスや洗浄をしたか。
中古で購入していると全ては知りません。

中古車を購入するのと違い、登山道具に車のような定期メンテナンスや車検があるわけではありません。
記録を残しているわけでもありません。

 

損得勘定とリスクを天秤にかけてみよう

新品で購入したからといってリスクがゼロになるわけではありません。
ですが、中古で購入した場合はよりリスクを抱えることを忘れてはいけません。

今一度、フリマアプリなどでの購入をする前には、思い止まってリスクがあることを思い返して欲しいと願うばかりです。

登山の始め方カテゴリの最新記事