クラフトビールが飲めるお店「青梅麦酒」で途中下車|下山後の美味しいお酒|青梅線沿線の美味しいお店

地元の豚と野菜、クラフトビールをPRする看板と店頭。

オリジナルビールVERPARへのこだわり

VEPARという名のクラフトビールの写真

青梅麦酒のオリジナルビールVERPAR「Enkleia」はクラフトビール醸造を奥多摩で行っているVERTEREさんにご協力いただいているそう。これからどういった方向性でビール造りをされるのか気になるところです。

VEPARは青梅麦酒オリジナルのクラフトビール。

サクッと飲むのにも最適なおつまみ

サーモンが映える写真でクラフトビールが飲める!

お腹が空いていないということもあってかおつまみ3点盛りをオーダー。
ビールに合う味付けでサクッと飲みにベストな一品。

こだわりのソフトドリンクは乾杯の価値あり

オシャレなストローと苦めなジンジャージュース

ジンジャーシロップの濃さには驚きましたが、オリジナル感あるソフトドリンクの提供はノンアル山愛好者にも嬉しい。ビールが飲めなくても青梅麦酒に行こう!という日も近いかも?この時点でメモりたくなった人もいると信じたい…

クラフトビールといえばこういった写真
5連のタップ数は外から見るとテンション上がります

店舗情報

地元の豚と野菜、クラフトビールをPRする看板と店頭。
店名青梅麦酒
営業時間平日
12:00ー14:00/17:00ー23:00
土曜日
12:00ー23:00
日曜日
12:00ー21:00
※火曜日定休・営業時間変更の可能性あり
電話番号0428-78-3106
住所〒198-0083
東京都青梅市本町145
立地JR青梅線(東京アドベンチャーライン )青梅駅徒歩3分

この記事を書いた人

編集部員

編集部員

日本一ちっちゃい山メディアの編集部。
日本一でっかい志と態度で山好きに情報と情熱をお届けする私たち。
同じ山好きという共通点を持っているので今日からあなたも私たちの仲間ですね!