行って安心できる?登山ツアーの会社を選ぶポイントをご紹介

登山者たち

気軽に登山に行く手段として登山ツアーというものがあります。
旅行ツアーの目的が登山というもの。

登山ツアーの中には全国の山々だけでなく、世界の山々を案内してくれるツアーがあります。

ツアー参加希望者は登りたい山の中から選んで参加していく形になります。

ツアーの登山スタイル

集団で山を登るスタイルが一般的です。
お客様何名かに対して一人のガイドが案内してくださいます。
多いときは数十名。少ない時は数名。

ガイドの他にも添乗員やサブのガイドが一緒に同行することがあります。

登山ツアーの会社を選ぶポイント

現在登山ショップが企画しているもの、ツアー会社が企画しているもの、山小屋が企画しているもの、ガイドが企画しているものなどが存在しています。

案内してくれる登山ガイドの種類

登山ショップ:現地ガイドに依頼もしくはお抱えガイド、社員ガイド
ツアー会社:現地ガイドに依頼もしくはお抱えガイド
山小屋:社員ガイドもしくは現地ガイド
ガイド:ガイド自身、もしくは社員ガイド

価格と催行人数

価格は参加を決定する上で重要なのは当然ですよね。
安すぎる場合は疑ってかかってしかるべきなのですが、ツアー催行上安く設定することもできます。

少人数の場合ツアーを開催しない場合があります。
どんなに天気でも山に登れない。
それでは困りますよね。

 

お試し参加

ツアーにお試し参加というのは実際にはありませんが、お試し参加という気分でツアーに申し込んでみるのも一つです。

1万円を切る登山ツアー、ハイキングツアーもあるのでそういったプランが狙い目。

参加してみると良い部分、悪い部分も見えてきます。
段取りが悪い、ケアしてくれない、遅い人優先してる、早い人に甘い、話し相手になってくれないなど何が正解かは誰にもわかりませんが、利用者目線でリピートできるかどうか判断材料が見つかると思います。

 

いきなり難易度の高い登山ツアーへの申し込みはNG

アルプス登山に行きたい!と思い立って申し込んでみるのはNGかもしれません。それなりの登山経験があればまだ理解していただけますが、それでもツアー会社から聞き取り確認(登山経験や装備)などが入る可能性があります。

ツアー会社を品定めする意味も含めてまずはお試し参加がおすすめです。
それはツアー会社にとっても参加者の安全を守る上で大切なことと認識しています。

ガイド資格の有無

ガイド資格の有無は良いツアーかどうか、良いガイドかどうかには関係していません。
ガイド資格は一定のスキル所持の確認にはなりますが、ガイドとしての指導力や案内力が伴っているかどうかには関係がありません。

ガイド資格の有無よりも問われているのは
人間性、緊急時の対応力、安全最優先の姿勢などです。

お試し参加でどんなガイドがいるかを確認してみるようにしましょう!

 

ツアー会社様/ガイド様募集

登山愛好者様を山に連れて行っていただけるツアー会社様、ガイド様募集しております。もちろんMountain daysでご紹介させていただきます。

法人・個人は問いません。

下記までお問い合わせのほどお願いいたします。

Mountain Days ツアー会社、ガイド様窓口

ad-collaboration[@]yamaguide.com

※カッコを取り外しの上メールのほどお願いいたします。

この記事を書いた人

編集部員

編集部員

日本一ちっちゃい山メディアの編集部。
日本一でっかい志と態度で山好きに情報と情熱をお届けする私たち。
同じ山好きという共通点を持っているので今日からあなたも私たちの仲間ですね!